カンジダ症 症状

カンジタ症の症状

カンジタ症は誰もが持っているカンジダ・アルビカンスというカビの一種が繁殖して起こる病気です。

カンジダは口の中や、糞便(ふんべん)中、膣内にはしばしば常在菌として存在しているため、カンジダが培養されただけでは カンジダ症と断定できず、顕微鏡でカンジダがそこにいることを証明しなければなりません。

健常な人でも約1割の人は、膣内にこの菌を持っていると言われています。
男性の場合は亀頭のかゆみやただれ・小さな水疱の出現。
ひどい場合は尿道炎になることも・・・。

カンジダは顕微鏡で、比較的細い仮性菌糸と菌糸に付着する分芽胞子(カビの一形態で、小さな球形、卵円形の胞子)がみられ、しばしばブドウの房状の分芽胞子集団が観察されます。慢性皮膚粘膜 カンジダ症や爪 カンジダ症では、顕微鏡で白癬(はくせん)菌と紛らわしい真菌がみられるため、しばしば爪の水虫(爪白癬)と誤診されます。そのため培養して原因菌を同定する必要があります。乳児寄生菌性紅斑はオムツ皮膚炎との鑑別が重要です。
また足の指の間の カンジダ症は、指の間に生じた水虫(足白癬)と誤診されやすいです.
便の中に潜んでいる菌なので、便から膣内などに付着するルートが多いようです。

女性の場合は普通ではないオリモノの増加と外陰部や膣のかゆみ
性器の炎症・性交痛など。
風邪、疲労、ストレスなどで免疫力が低下したり、
ステロイド剤、抗生物質の乱用や妊娠などで発症するケースも沢山あります。

治療は、性器付近を清潔に保ちながら抗真菌剤というものを使用します。
症状自体は治療を始めて2〜3日で治まってきますが、
カンジダ菌はまだ膣内に残っているので、症状が治まったとしても
約2週間は治療を続ける必要があります。

カンジダ症 薬

カンジダの薬

真菌に対してよく使われるのは,イミダゾール系抗真菌剤(膣錠、軟膏など)です。
イミダゾール系抗真菌剤の出現1970年代半ばに、クロトリマゾール、ミコナゾールなどの「イミダゾール系」と呼ばれる外用抗真菌剤が出現しました。 イミダゾール系の薬は、これまでの薬より白癬菌にたいする抗菌価が優れているうえに、抗菌スペクトラムも白癬菌からカンジダ、癜風(でんぷう)菌までと広く、副作用が少ないものでした。あっという間に外用抗真菌剤の主流になって以降、多数のイミダゾール系の真菌剤が出てくるきっかけになりました。 またこの時期にはエキサラミドやトルシクレート等白癬菌にのみ効く薬も使用されていましたが、イミダゾール系の薬剤が圧倒的なシェアを誇っていました。 これらは、1日に2回患部にすり込むように塗ることになっています。使用感は、ややべとつく以外はほぼ満足できるものでした。最近発売された新しい外用抗真菌剤に比べると安くて使いやすいため、現在でも広く使用されています。

また1986年に、ビフォナゾールが発売されました。
この薬は皮膚内での貯留性が高いことが最大の特徴で、1日1回の使用で従来の薬と同様の効き目があることが証明されています。これは、患者が薬を使用する手間を省く上でめざましい進歩です。これ以降の外用抗真菌剤の多くは、1日1回のみの使用を目指すようになっています。


カンジダ症 治療

カンジダ症の治療と注意

カンジタ症(カンジダ症)は、カンジダ・アルビカンスというカビが皮膚内や体内の粘膜で繁殖・増殖することにより発症します。

基本的には、身体の免疫力の低下が発症を誘発しているケースが多いので、日頃の生活環境に気をつけたいところです。また、入院生活が長く必然的に体力・免疫力が低下している場合や高齢者、まだ免疫機能が成長していない乳幼児の場合は特に注意しましょう。

性器カンジダ症の治療は、基本的に外用薬で対処します。イミダゾール系抗真菌剤(膣錠、軟膏など)が使われます。女性の場合は、だいたい連日通院して膣洗浄なども必要です。男性の場合は、軟膏やクリームを塗布。男女ともに約1〜2週間、通院、治療します。陰部のかゆみやおりものがなくなれば治ったことになります。治療をうけた9割がたが完治するといわれていますが、まれに再発を繰り返す人がいます。そのような場合は、ストレスや抗生剤の投与などが再発の原因と思われますので、それらの原因を取り除く必要があります。

治療の途中で女性器内がすごく痒くてたまらないときがあります。そんなときでも指などでかきむしると,そこから雑菌が混入し,ますます症状が悪化することがあります。一旦,ガンジダ症だと診断されたら,その薬を塗って我慢することです。

カンジダ症の症状

カンジダ症の症状と早期発見

病気の症状を言葉で表すのは一般的には難しいです。しかしカンジダ症の場合「オシッコすると、なんだか変な違和感がする...」「かゆい」 「膿がでる」 「アソコがなんだか変...」 など 女性の陰部の痒みを感じる事が多いですが、痒みが無くても皮膚が弱くなってすぐ切れたり、痛くなったりします。
帯下(おりもの)は、酒かす状、おから状のモラモラした帯下になります。もし女性の場合、感染する性病が多種におよびます。女性は膣内が粘膜でおおわれているため、病原菌やウイルスがとどまりやすい構造になっています。そのため、性病に感染しやすく、放っておくと不妊症や赤ちゃんへの母子感染の可能性があり、先天性奇形児出産の原因にもなるのです。とにかく性病は早期発見が一番です。「性病かな?おかしいな?」と思ったら、とにかく早めに検査しましょう。

女性の場合、膣内でのカンジダ属の増殖により症状が出現してきます。
自覚症状としては
    ・膣や外陰の掻痒感
    ・白色の帯下の増量
    ・外陰部の灼熱感
 他覚症状では
    ・膣粘膜や外陰部の発赤
    ・酒粕様、ヨーグルト状の白色帯下
などがあげられます。

カンジダ症 原因

カンジダ症とは?ガンジダ症の原因

カンジダ症はCandida属菌種により引き起こされる日和見感染症であり、皮膚・粘膜を侵す表在性カンジダ症と、消化管、気管・気管支・肺、腎・尿路系、その他の深部臓器を侵す深在性カンジダ症(内臓カンジダ症)に大別されます。近年、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症の付随疾患としても注目されています。
 口腔カンジダ症はその病型により偽膜付着を伴う紅斑性またはびらん性粘膜や白色肥厚性粘膜など多彩な肉眼像を呈し、時に潰瘍形成を伴います。
 真菌に属する粘膜感染症で、口腔真菌症のなかでは最も多い疾患です。
 モリニア症ともいわれています。
 カンジダ アルビカンスは病原性が乏しい口腔内常在菌で、真菌(カビ)の一種で、膣や外陰、尿道、肛門などに常在している菌で 健康人にカンジダ症が発症することはきわめてまれです。、体の抵抗力が落ちたり、薬の副作用でカンジダの菌が活発になりカンジダ感染の状態一般にになります。発生の誘因として悪性腫瘍、血液疾患、免疫不全症、結核および糖尿病などの基礎疾患の存在があげられています。普段は、常在菌として特に問題がないのですがまた、性行為で感染する場合もあります。このような基礎疾患を持たない場合の罹患者は乳幼児、老人、妊婦などの体力や抵抗力の弱い人がほとんどです。抗生物質療法によって常在菌のバランスが崩れ、しばしば菌交代現象として発生します。
また成人女性に関して言えば、抗生剤などを投薬された時に、膣内の乳酸菌類が死滅してしまってカンジダの増殖が抑えきれなくなったり、性行為などによって、一般細菌が混入し、膣の清浄度が失われた時に、一般細菌と共にカンジダが増殖し、発症する、といったパターンも多いようです。

<<前の5件  1 2  


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。