カンジダ症の症状

カンジダ症の症状と早期発見

病気の症状を言葉で表すのは一般的には難しいです。しかしカンジダ症の場合「オシッコすると、なんだか変な違和感がする...」「かゆい」 「膿がでる」 「アソコがなんだか変...」 など 女性の陰部の痒みを感じる事が多いですが、痒みが無くても皮膚が弱くなってすぐ切れたり、痛くなったりします。
帯下(おりもの)は、酒かす状、おから状のモラモラした帯下になります。もし女性の場合、感染する性病が多種におよびます。女性は膣内が粘膜でおおわれているため、病原菌やウイルスがとどまりやすい構造になっています。そのため、性病に感染しやすく、放っておくと不妊症や赤ちゃんへの母子感染の可能性があり、先天性奇形児出産の原因にもなるのです。とにかく性病は早期発見が一番です。「性病かな?おかしいな?」と思ったら、とにかく早めに検査しましょう。

女性の場合、膣内でのカンジダ属の増殖により症状が出現してきます。
自覚症状としては
    ・膣や外陰の掻痒感
    ・白色の帯下の増量
    ・外陰部の灼熱感
 他覚症状では
    ・膣粘膜や外陰部の発赤
    ・酒粕様、ヨーグルト状の白色帯下
などがあげられます。

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。