カンジダ症 原因

カンジダ症とは?ガンジダ症の原因

カンジダ症はCandida属菌種により引き起こされる日和見感染症であり、皮膚・粘膜を侵す表在性カンジダ症と、消化管、気管・気管支・肺、腎・尿路系、その他の深部臓器を侵す深在性カンジダ症(内臓カンジダ症)に大別されます。近年、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症の付随疾患としても注目されています。
 口腔カンジダ症はその病型により偽膜付着を伴う紅斑性またはびらん性粘膜や白色肥厚性粘膜など多彩な肉眼像を呈し、時に潰瘍形成を伴います。
 真菌に属する粘膜感染症で、口腔真菌症のなかでは最も多い疾患です。
 モリニア症ともいわれています。
 カンジダ アルビカンスは病原性が乏しい口腔内常在菌で、真菌(カビ)の一種で、膣や外陰、尿道、肛門などに常在している菌で 健康人にカンジダ症が発症することはきわめてまれです。、体の抵抗力が落ちたり、薬の副作用でカンジダの菌が活発になりカンジダ感染の状態一般にになります。発生の誘因として悪性腫瘍、血液疾患、免疫不全症、結核および糖尿病などの基礎疾患の存在があげられています。普段は、常在菌として特に問題がないのですがまた、性行為で感染する場合もあります。このような基礎疾患を持たない場合の罹患者は乳幼児、老人、妊婦などの体力や抵抗力の弱い人がほとんどです。抗生物質療法によって常在菌のバランスが崩れ、しばしば菌交代現象として発生します。
また成人女性に関して言えば、抗生剤などを投薬された時に、膣内の乳酸菌類が死滅してしまってカンジダの増殖が抑えきれなくなったり、性行為などによって、一般細菌が混入し、膣の清浄度が失われた時に、一般細菌と共にカンジダが増殖し、発症する、といったパターンも多いようです。

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。