カンジダ症の治療・膣カンジダ症への対策 > カンジダ症 薬 > 静かに流行り始めている婦人病:クラミジア

カンジダ症 薬

静かに流行り始めている婦人病:クラミジア

クラミジア咽頭感染を、アジスロマイシン1,000mg単回投与、クラリスロマイシン400mg・分2・7日間、クラリスロマイシン400mg・分2・10日間、クラリスロマイシン400mg・分2・14日間、レボフロキサシン300mg・分3・7日間、レボフロキサシン300mg・分3・10日間、レボフロキサシン300mg・分3・14日間で治療した成績を示した。いずれの治療群においても、治療終了後22日目のPCR法の成績に基づいて治療効果を判定した。アジスロマイシン1,000mg単回投与では、子宮頸管および咽頭の除菌率は、それぞれ100%および86%、クラリスロマイシンおよびレボフロキサシンの10日間以上の投与群では、子宮頸管および咽頭の除菌率は100%であったが、咽頭の除菌率は、クラリスロマイシンおよびレボフロキサシンの7日間投与では、83%にとどまっていた。この結果から、その原因は不明であるが、クラミジア感染は、性器に感染したものと比較すると、咽頭に感染したものでは、治療に時間がかかることがわかる

<<カンジダ症の早期治療 | カンジダ症の治療・膣カンジダ症への対策トップへ | クラミジア治療の薬 クラミジアを治すための医薬品>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。