カンジダ症の治療・膣カンジダ症への対策 > カンジダ症 薬 > カンジダの薬でよく使われるパウゾールクリーム

カンジダ症 薬

カンジダの薬でよく使われるパウゾールクリーム

カンジダ症の薬でよく使われるパウゾールクリームです。これは商品名で佐藤製薬株式会社が製造元です。

パウゾールクリーム
<効能・効果> 下記の皮膚真菌症の治療
(1)カンジダ症:指間びらん症、皮膚カンジダ症、 間擦疹、爪囲炎、乳児寄生菌性紅斑。
(2)白癬:足部白癬(汗疱状白癬、趾間白癬)、頑癬、斑状小水疱性白癬。
(3)癜風。
<成分・分量> パウゾールクリーム1g中 クロトリマゾール 10mg

添加物として尿素、サラシミツロウ、マイクロクリスタリンワックス、セタノール、セバシン酸ジエチル、
キサンタンガム、プロピレングリコール、ステアリン酸グリセリン、ステアリン酸K、ジオクチルソジウム
スルホサクシネート、水を含有します。
<内容量> 10g
<用法・用量> 1日2〜3回患部を清浄にした後、適量を塗布します。
<使用上の注意> (禁忌(次の患者には使用しないこと)
1.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
(1)副作用
本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していないため、発現頻度は不明である。
以下のような副作用があらわれた場合には使用を中止すること。 関係部位 症 状
皮膚 局所の刺激感、皮膚炎、発赤・紅斑、びらん、丘疹
(2)妊婦、産婦、授乳婦等への使用
妊婦(3ヵ月以内)又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると
判断される場合にのみ使用すること。(妊娠中の使用に対する安全性は確立していない。)
(3)適用上の注意
2.使用部位
(1)科用として角膜、結膜には使用しないこと。
(2)著しいびらん面には使用しないこと。
<保存上の注意> (1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管して下さい。
(2)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。(誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります。)
(4)使用期限をすぎた製品は、使用しないで下さい。

<<カンジタ症の症状 | カンジダ症の治療・膣カンジダ症への対策トップへ | カンジダ症の早期治療>>

この記事へのコメント

  • 「性病(男性・女性)」管理人
  • 2010年07月02日 15:30
  • 「性病(男性・女性)」管理人と申します。相互リンク(リンク集)をお願い致したく、連絡させて頂きました。なお手違いにより、重複して依頼している場合にはお許し下さい。当方は下記の通りです。
    (アドレス)http://www.seibyou7.com/
    (名称)性病(男性・女性)
    (内容)性病情報を紹介しています。
    (タグ)<a href="http://www.seibyou7.com/" target="_blank">性病(男性・女性)</a>
    *タグはサイト内「相互リンク・連絡」にも用意しております。
    なお貴方は下記にてリンク済です。
    http://www.seibyou7.com/2009/06/265.html
    宜しくお願い致します。

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。