ERROR: NOT PERMITED METHOD: name

多くのいい女が 悩むクラミジア:医薬品 クラミジア治療の薬 

[女性の性器クラミジア感染症] は、きわめて症状が軽く、感染症例の5人に1人しか症状が出ません。たとえ症状が出ても、わずかに帯下(おりもの)があったり、不正子宮出血や下腹部痛が出る程度で、医師でも気を付けないと見落とすような、感染をそれと自覚出来ないことが殆どなのです。

 一般市民の中の若い10代の女性の間に、クラミジア感染がこれ程広がっていることが明らかになったのは、驚異的なことでした。

そのため、ようやく“若い10代の女性が危ない”とテレビや新聞などが取り上げるようになり、社会的にも注目されるようになりました。

ただ、放置すると菌が消えないため、いつまでもパートナーヘの感染源として菌をばらまくばかりか、自分の中でも尿道炎から、さらに体の中に入って“副睾丸炎”や “慢性前立腺炎”などをおこすようになります。このオーラル・セックスによる感染は、淋病や梅毒はもちろんのこと、へルペス、さらにはエイズもおこるとされています。

 このことを、一般の女性は、殆ど知らないでいるのです。一方、男性でも、今回の調査による報告数と同数の無症候症例が陰にいる、と推定されています。

時として子宮頚管から上行性に子宮、卵管を経由して腹腔内へ感染が波及します。卵管周囲炎や骨盤腹膜炎、肝臓周囲炎(Fitz-Hugh-Curtis症候群)などは原因不明の腹痛の原因になっていることがあります。卵管周囲の癒着や、卵管通過性の障害が起こると子宮外妊娠や卵管性不妊症の原因となります。

ERROR: NOT PERMITED METHOD: name

クラミジア治療の薬 クラミジアを治すための医薬品

寒天上では培養できないため、検出が困難であったが 男性は尿道炎や、かゆみなどの症状がでるが、女性は無症状の場合が多い。しかも陰部疱疹 発生箇所は陰部になります。寒天上では培養できないため、検出が困難であったが 男性は尿道炎や、かゆみなどの症状がでるが、女性は無症状の場合が多い。
クラミジア咽頭感染を、アジスロマイシン1,000mg単回投与、クラリスロマイシン400mg・分2・7日間、クラリスロマイシン400mg・分2・10日間、クラリスロマイシン400mg・分2・14日間、レボフロキサシン300mg・分3・7日間、レボフロキサシン300mg・分3・10日間、レボフロキサシン300mg・分3・14日間で治療した成績を示した。いずれの治療群においても、治療終了後22日目のPCR法の成績に基づいて治療効果を判定した。アジスロマイシン1,000mg単回投与では、子宮頸管および咽頭の除菌率は、それぞれ100%および86%、クラリスロマイシンおよびレボフロキサシンの10日間以上の投与群では、子宮頸管および咽頭の除菌率は100%であったが、咽頭の除菌率は、クラリスロマイシンおよびレボフロキサシンの7日間投与では、83%にとどまっていた。この結果から、その原因は不明であるが、クラミジア感染は、性器に感染したものと比較すると、咽頭に感染したものでは、治療に時間がかかることがわかる。

カンジダ症 薬

静かに流行り始めている婦人病:クラミジア

クラミジア咽頭感染を、アジスロマイシン1,000mg単回投与、クラリスロマイシン400mg・分2・7日間、クラリスロマイシン400mg・分2・10日間、クラリスロマイシン400mg・分2・14日間、レボフロキサシン300mg・分3・7日間、レボフロキサシン300mg・分3・10日間、レボフロキサシン300mg・分3・14日間で治療した成績を示した。いずれの治療群においても、治療終了後22日目のPCR法の成績に基づいて治療効果を判定した。アジスロマイシン1,000mg単回投与では、子宮頸管および咽頭の除菌率は、それぞれ100%および86%、クラリスロマイシンおよびレボフロキサシンの10日間以上の投与群では、子宮頸管および咽頭の除菌率は100%であったが、咽頭の除菌率は、クラリスロマイシンおよびレボフロキサシンの7日間投与では、83%にとどまっていた。この結果から、その原因は不明であるが、クラミジア感染は、性器に感染したものと比較すると、咽頭に感染したものでは、治療に時間がかかることがわかる

カンジダ症 治療

カンジダ症の早期治療

カンジダ症は,身近にあるカンジダ・アルビカンスというカビが,何かの拍子で表に現れ,
いたづらすることによっておきる症状であることは,おわかりになったでしょう。

何かの拍子とは,からだの免疫力がなくなったときです。免疫力がなくなったときとは,
例えば,大きな病気にかかっているとき,若しくは,日常生活でのストレスが溜まったときなどです。
他には,生活が乱れて,睡眠を十分に取っていないとか,夜更かしが過ぎてしまったときなども
これに当てはまります。

しかしそれらの原因を取り除き,その原因に適した治療をすることによって完治するのも,この病気の特色です。
だから,カンジダ症は,恐れずに 恥ずかしがらずに 早期発見,早期治療に心がけるのが一番です。

カンジダ症 薬

カンジダの薬でよく使われるパウゾールクリーム

カンジダ症の薬でよく使われるパウゾールクリームです。これは商品名で佐藤製薬株式会社が製造元です。

パウゾールクリーム
<効能・効果> 下記の皮膚真菌症の治療
(1)カンジダ症:指間びらん症、皮膚カンジダ症、 間擦疹、爪囲炎、乳児寄生菌性紅斑。
(2)白癬:足部白癬(汗疱状白癬、趾間白癬)、頑癬、斑状小水疱性白癬。
(3)癜風。
<成分・分量> パウゾールクリーム1g中 クロトリマゾール 10mg

添加物として尿素、サラシミツロウ、マイクロクリスタリンワックス、セタノール、セバシン酸ジエチル、
キサンタンガム、プロピレングリコール、ステアリン酸グリセリン、ステアリン酸K、ジオクチルソジウム
スルホサクシネート、水を含有します。
<内容量> 10g
<用法・用量> 1日2〜3回患部を清浄にした後、適量を塗布します。
<使用上の注意> (禁忌(次の患者には使用しないこと)
1.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
(1)副作用
本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していないため、発現頻度は不明である。
以下のような副作用があらわれた場合には使用を中止すること。 関係部位 症 状
皮膚 局所の刺激感、皮膚炎、発赤・紅斑、びらん、丘疹
(2)妊婦、産婦、授乳婦等への使用
妊婦(3ヵ月以内)又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると
判断される場合にのみ使用すること。(妊娠中の使用に対する安全性は確立していない。)
(3)適用上の注意
2.使用部位
(1)科用として角膜、結膜には使用しないこと。
(2)著しいびらん面には使用しないこと。
<保存上の注意> (1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管して下さい。
(2)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。(誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります。)
(4)使用期限をすぎた製品は、使用しないで下さい。

  1 2  次の5件>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。